ランドセル基礎知識

巧みな技術が必要とされる

普段小学生の子どもたちが何気なく持っているランドセルは、どのようにして作られていくのか気になったことはありませんか?ここではランドセルの作られる工程を説明していきます。

ランドセルが出来るまでを知る

キッズ

生地の裁断

お孫さんや子供にランドセルをプレゼントをする際にも、ランドセルの作られる工程を知っておけば、選ぶ際のポイントになります。学校生活を支えるランドセルは、大きな生地の裁断から始まります。裁断後はランドセルの形状に合わせて、クッキーの型にはめるように型抜きをしていきます。

縫製の作業

型をくり抜いたら次の工程は仕立てに入ります。ここで型崩れ防止のをする工程を行なったり、ミシンで縫製の作業が行われていきます。カバンの中であれほど立体的な形状をしているのは、ランドセル位です。立体的な形は、平面に比べてミシンの縫製能力が重要なので、匠の技が必要になります。この工程で背当てやかぶせの縫い合わせていきます。

最終工程にとりかかる

ランドセルの形が仕上がってきたら、今度は補強をする工程へ進みます。ここでは丈夫にするためにつなぎ目に補強を施していきます。主な工程が終了したら検品作業でふき取りを行なって、商品として出荷されます。

贈りものにこだわる理由

新1年生が初めて持つ学校のランドセルは、記念となるものです。ですから、信頼のおけるランドセルの作りを行なっているメーカーから、プレゼントするランドセルを選びたいものです。望んでいる基準となるものを総合的に見て、そのポイントの高いものを選ぶことが大切です。それによって満足のいく贈りものになるでしょう。長くもつランドセルですので、子供が満足するもの、贈って後悔しないものにしたいものです。そのため、ランドセルの形だけでなく、品質の良い製品を作り続けているお店も選ぶべきなのです。お店には通販しているところもあるので、遠くにあるメーカーでも利用できます。

広告募集中