ランドセル基礎知識

調べる項目はたくさん

ランドセルは6年間使うものなので、サイズや素材なども慎重に選んでいきたいポイントの一つと言えます。収納量が教材がきちんと入る容量なのかも、ちゃんと知っておきたいものです。他にも保証などついてくるかなど知っておきましょう。

サイズや素材を考える

ランドセル

収納量の基本

ランドセルを選ぶ際に、収納量も大切なチェックポイントになってきます。一般的には「A4フラットサイズのファイルが入るサイズ」で選んでいきましょう。A4クリアファイルと差は僅差のサイズ感ですが、小さくて後々困るより少しでも大きいものを選んでおくと良いです。

素材にこだわる

次に注目したいのが、ランドセルの素材です。ランドセルの素材でよく使われているのが主に合皮タイプか、本革から選ばれています。本革は牛革などもあって、丈夫で時間が経つと独特の風合いが出てきておすすめです。

保証は事前に確認しよう

女の子や男の子でも、子どもなので活発に動きまわります。そこでランドセルの6年間保証などあれば、もしも壊れてしまった時など安心できます。しかしお子様のランドセルの状態次第で、修理が有料になってしまう可能性があります。そのためどこまで保証がきく範囲なのか、事前に確認しましょう。

広告募集中